INTERVIEW03:元美容師から
⼈気ティースタンドの店⻑になるまで

吉祥寺マルイ店 店長 森島さん

柔らかい笑顔でお店に来る⼈を迎え、
”ほっと⼀息つける時間の提供”を
⾒事に体現している彼⼥。
元美容師という異業種からの転職で、
輝きながら働く秘訣とは?

comma tea⼊社のきっかけは何ですか?

最初は転職先を⾒つけるまでの移⾏期間として、アルバイトを探していました。ただ、せっかく⻑時間シフトに⼊るのであれば、働く空間や環境の⼼地良さ、オシャレな内装など、とにかく⾃分が魅かれる何かがあるところで働きたいと思っていました。なので、comma teaはまずその素敵な空間が私の希望にぴったりでしたし、⽴ち上がって間もないブランドなので、⾃分もきっと裁量権を持って働けるのではないかと思い、⼊社を希望しました。

実際に働きはじめてどうでしたか?

最初に⼊った恵⽐寿店では、アルバイト・正社員関係なく働くスタッフ皆がお店をよくするために意⾒を出し合って、楽しみながら働いているのが印象的でした。comma teaの特徴は、現場で働くスタッフの関係性がフラットであること、現場スタッフの意⾒を積極的に反映してくれることにあると思います。たとえば、気づいたことはすぐに社内のチャットツールで社⻑・本部のメンバーとやりとりをするのですが、私たちの提案に対しては基本的に「まずは1回⾃由にやってみて良いよ。」と返ってきます。

お店の運営に関することだけでなく、商品に関することだったり販促に関すること「もっとこういうのがあったら良いのではないか」、「お客様にはこういうのが受けると思う」など、頻繁にコミュニケーションを取っています。⼀番⾝近にお客様と接している現場の視点が積極的に取り⼊れられるのはとても良いことだと思いますね。まだ⽴ち上がったばかりのブランドなので社⻑や本部メンバーとの距離感も近く、皆で⼀緒にブランドを創りあげている途中です。

森島さんが⼿掛けたキャンペーン時の店舗装飾@⻘⼭表参道店

最近のブームもありお店は忙しいと思いますが、
店⻑としてどのようなことを⼤事にしてお店を運営されていますか?

私、忙しいのは嫌いじゃないんです(笑)。忙しさを楽しみながら働いています。
もともと美容師をしていたこともあり、⼈と接する事が好きだったので、今も店⻑として働くスタッフとなるべく多くコミュニケーションを取ることを⼼がけています。ただ、路⾯店だと少⼈数なので満遍なく全員と⾊々話ができるのですが、商業施設内のお店だとどうしてもスタッフの数が多くなるので、コミュニケーションに偏りが出てきてしまうのが悩みです。店⻑という⽴場上、スタッフに注意しなければいけない場⾯もあります。そういう時に、普段からコミュニケーションをとっていて、スタッフと良い関係性が築けていなければ響かないと思うので、忙しい中でも会話をする時間は⼤切にしたいですね。

また、横の連携も⼤事です。新しく⼊ってきたスタッフには最初に「隣で働くスタッフを楽させてあげるように動いてね」と⾔っています。お店が忙しくなると、どうしても店内が殺伐とした雰囲気になったり、うまく連携が取れずミスが発⽣する確率が⾼くなってしまうので、いかに連携して動けるかは良いお店作りのポイントです。

comma teaのコンセプトでもある、「忙しい毎⽇の中でほっと⼀息つける時間」をお客様に感じてもらえるようなお店にしたいので、内部からしっかりと意識づくりを⼼がけています。

お気に⼊りのドリンク: ⾃家製チーズティー commaロイヤルミルクティー

これからジョインするメンバーに向けてのメッセージをお願いします

comma teaはまだまだ成⻑中のブランドです。アルバイト・正社員関係なく、主体性を持って⾃ら動ける⼈が向いている会社だと思います。
⼀緒に働く仲間としては、その⼈にしかない個性や強みを持ったメンバーが⼊ってきてくれると嬉しいです。私⾃⾝も刺激を受けるし、その⼈から学べるものがあるとお互いにリスペクトしながら向上⼼を持ってキャリアを積めると思うので、ワクワクします。

私もまだまだ実現したいアイディアが沢⼭あるので、⼀緒に盛り上げていってくれるメンバーがジョインしてくれるのを楽しみにしています!

JOB CATEGORY :

募集要項

店舗スタッフエントリー 店舗社員エントリー 本部社員エントリー

COMPANY:

名称 : 株式会社ティーカンパニー
本社 : 〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-3-20 VORT水道橋2F
メールアドレス : contact@tea-co.jp
代表取締役社長 : 菊池 尚
設立 : 平成29年12月25日
事業内容 : 日本発ティースタンド「comma tea(コンマティー)」の運営、原料・包材等の輸入卸業務
資本金 : 6,000万円(資本準備金含む)